イベントと処理

イベント(いつ)

  • ActionScriptは「イベント駆動型」といわれるプログラム言語のひとつ
  • なんらかのイベントが発生したとき「一連のアクション」が実行されるようになっている
  • イベントが発生したタイミングで何かの処理を実行したいときには「イベントハンドラ」と呼ばれるアクションを使用する
ボタン、ムービークリップがクリックされたとき
  • クリックされたとき
  • ポインタがロールオーバーされたとき
  • ポインタが領域の外にでたとき

   など

キー入力があったとき
  • キーが押されたときと離されたとき
一定時間が経過したとき
  • フレームレートが24fpsのときは、1秒間に24回再生する
  • フレームアクション:onEnterFrame
  • オブジェクトアクション:onClipEvent(enterFrame)
キーフレームに再生ヘッドがかかったとき
  • キーフレームに再生ヘッドがかかったとき、フレームアクションが1回だけ実行される
  • メインのタイムラインの再生や停止などによく使われる
その他
  • 外部ファイルの読み込みが完了したとき
  • ストリーミングビデオの再生準備が整ったとき

処理(何をするか)

オブジェクト
  • 特定の機能を持ったもの
プロパティ
  • オブジェクトの特性
変数
  • 内容の変わるもの
  • 名前のつけ方にルールがある(予約語は不可、数字から始まる名前も不可)
定数
  • 内容の変わらないもの
演算子
  • 四則演算のような計算や代入をおこなうための記号
  • 「=:代入演算子
  • 「+:算術演算子
座標系(座標軸)
  • ほぼすべてのアプリケーションが「左上」が「原点(基準点)」です

実践:右に移動させる

記述の順序
  1. 「ball_mc」を選択する
  2. アクションパネルを表示
  3. ムービークリップ制御」→「onClipEvent」をダブルクリック



  1. 「enterFrame」をダブルクリックで選択する


  1. 「{」の後で改行して、命令文を記述する
  2. 「ターゲットパスを挿入」をクリックする


  1. 「相対」を選択する


  1. 「ドットシンタックス」を利用して「_x」を選択する


  1. 「1」ずつ移動する命令になるよう記述します


  1. 「ムービープレビュー」で確認します


まず、基本はここまでです。
ここから「変数を使った書き換えの練習」をします。


広告を非表示にする