補正

補正(写真をきれいに)

すでに写っている画質が変化するわけではありません。
デジタル処理できる範囲で、人間が見てきれいと感じる程度に変化させます。


レベル補正

コンパクト・デジタルカメラの特徴である「暗く移る」を、補正します。



新規調整レイヤー


以下の3ポイントを調整する

  1. ハイライトポイント
  2. グレーポイント
  3. シャドウポイント




この方法で、ハイライトが白く飛びすぎたりしてしまう場合には、別の方法で補正します。

シャドウ・ハイライト



  • コントラストが強くなるのが「レベル補正」
  • 自然光のようになるのが「シャドウ・ハイライト」

自動補正


「自動補正」ボタンを押してみる。


本来なって欲しい状態からは、ほど遠いものになってしまいます。


この意味を理解しましょう。
この状態のことを「トーンジャンプ」と呼びます。
「ハイライトポイント」と「シャドウポイント」を強制的(自動的)に外側に分布したために、色の階調がくずれ、本来ある色が消失した状態になってしまいました。

  • コンピュータの再現しやすい色「青」
  • 再現しにくい色「暖色(特に黄色)」

つまり、コンピュータ的処理で色を変化させると「暖色系」が減色されやすいので注意が必要です。



広告を非表示にする