while文

while文とは

  • 反復処理(繰り返し)を行います
  • 同じ事を繰り返すことを「ループ」と呼びます
  • while文は繰り返し回数が決まっていない場合に使われる場合が多い



変数の初期値;
while ( 繰り返し条件; ) {
  実行される処理
変数の変更 ;
}

  • 継続条件式には、if文と同様に結果が論理値となる式を記述します
  • 継続条件式の結果が、trueの間はブロック内の処理を繰り返し、falseになると繰り返しを終了します
  • 継続条件式は1回分の繰り返し処理の最初のタイミングで検証されます



  while(true) {
    繰り返す処理を繰り返す
  }


  while(false) {
   繰り返す処理を抜ける
  }



《while文の例》

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset='UTF-8'>
<title>繰り返し処理(while)</title>
</head>
<body>
<script>
  var i = 1;
  while ( i <= 10 ) {
    document.write( i );
      console.log(i);
    i++;
  }
</script>
</body>
</html>
  1. while文は条件文を実行し、一致したとき次の処理に移ります
  2. 処理が実行され、最後に i++ で変数 i に1が加算されます
  3. 再びwhileの条件文に戻り、変数 i が 10になるまで繰り返されます

《while文の利用》

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>while文の利用</title>
<script>
  var a = 1;
  while (a <= 100) {
    a *= 2;
    console.log(a);
  }
  console.log('終了');
</script>
</head>
<body>
</body>
</html>


《実行結果》

  1. 変数をどんどん倍にしていき、100を超えたら繰り返しを終了する
  2. aが100を超えると、次の繰り返し処理へ進んだタイミングで継続条件式の結果がfalseと判定され、繰り返しを抜けます


  • 反復(繰り返し)とは、同じ処理を何度も繰り返すスクリプト構造のことで、「ループ」とも呼ぶ
  • 反復処理を行う方法には、while文とfor文がある


広告を非表示にする